HOME > 病名検索 > 嗅覚障害
嗅覚障害
嗅覚障害

嗅覚障害とは、鼻が匂いに対する感覚の障害で、においを正しく嗅ぎ取れなくなる状態です。においは鼻と口を通って鼻の奥の腔に入り、鼻腔内の天井部分にある嗅粘膜にたどりついて嗅神経を刺激します。その刺激が大脳へ伝えられ、どんな匂いかが認知されます。

このルートのいずれの一部分でも不具合があると嗅覚障害が起きます。嗅神経は匂いを感じる受容器は、耳鼻咽喉科の通常の鼻鏡検査では視ることが出来ないほど奥の鼻腔天井部にある切手1枚分ほどの嗅上皮と呼ばれる部位にあり、ヒトではここに500万個の嗅細胞が存在します。

嗅覚障害の場合、嗅覚脱失と嗅覚減退が訴えの大半を占めますが、軽微な悪臭にも耐えられない嗅覚過敏、本来よいはずのにおいを悪臭と感じる嗅覚錯誤(異臭症)などもあります。嗅覚と味覚の障害は、生命の危険性がほとんどないために、あまり医学的に注目されていません。

しかし、嗅覚と味覚があると食事やお酒、香りを楽しむことができずにイライラが募るだけでなく、有害化学物質やガスのにおいに気づかず重大な結果をもたらすおそれもあります。ときには嗅覚や味覚が、腫瘍(しゅよう)などの重大な病気によって阻害されていることもあります。

当院の取り組み

当院の嗅覚障害の治療目的は、嗅覚障害の回復程度を高めることと嗅覚障害が完治するまでの時間の短縮することです。当鍼灸(針灸)院は早くから嗅覚障害に対する針灸治療の有効性に着目し、難しいといわれる嗅覚障害の針灸治療を精力的に取り組んできました。

20数年の歳月をかけて、鼻通をはじめ、数々嗅覚障害に有効なツボを発見しました。そして、当院のこの特有な針灸治療法によって、嗅覚障害の患者さんの多くは嗅覚を取り戻し、香りの分かる世界に戻りました。

鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の85%を占めます。多くは5-7回針灸治療でかなり症状が軽減されます。
当鍼灸(針灸)院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気ハリで、最大限の効果を引き出しています。嗅覚障害の回復は患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。もう一つ注目すべきところは、完治した嗅覚障害230名患者は数年経っても、再発しませんでした。針灸は嗅覚障害の再発の予防にも効果があることが分かりました。

治療実績

当院の鍼灸治療が嗅覚障害には、高い効果を示します。
豊富な嗅覚障害治療経験を持っている当院長の独自な鍼灸治療法は、神経の再生を促し、神経の働きをよくする効果の高い方法です。

鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の85%を占めます。多くは5-7回針灸治療でかなり症状が軽減されます。
嗅覚障害患者の質問
1.脳外傷による嗅覚障害E様のご相談

[ ご相談内容 ] :
頭部外傷による嗅覚障害で全く臭いがわかりません。 昨年の8月の交通事故によるもので、定期的に病院に行き鍼治療・飲み薬(漢方薬)・点鼻薬を続けていますが改善しません。 一度そちらで治療を受けたいのでよろしくお願いします。 平日一番遅い時間か日曜日を希望します。

■当院の返事:
当院の鍼灸治療は嗅覚障害には、かなり 有効です。
一度お電話予約した上、ご来院ください。
■患者様の返信:
お世話になりました。
昨日、入院していた病院で検査を受けたところ、嗅覚は8割戻ったといわれました。
治る可能性は非常に低いと言われましたが、先生に治療していただくことができて本当にラッキーでした。ありがとうございました 。
初めの時は針治療で少し緊張してしまいましたが、今は随分なれました。今後ともよろしくお願いします。